読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WHITE ~Disc3 手越祐也・増田貴久~

DVD ~WHITE~ 増田貴久 手越祐也

もうたどり着かないかと思ってました、Disc3(笑)

Disc1、2をリピし過ぎて発売からもうすぐ一週間…
やっとたどり着いたDisc3もリピし過ぎています。




さてDisc3はせっかくのソロですのでテゴマスとコヤシゲで書いてみようと思います。

NEWS4人とも大好きなんですが、手越坦なのでけいちゃん・シゲアキ先生・まっすーの記事に納得いかなかったり、内容が薄い!と感じる方がいらっしゃったら本当にすみません!!
でも4人とも好きなんで読んで頂けたら嬉しいです。

いつもの不真面目なブログではないのでビックリしないで下さいね(笑)

*全て個人的な感想・想いですのでご理解下さい。

*MusicClipですので映像について書きました。
歌詞は本人たちはもちろん他の方もたくさん上げているようですので省略しました。



では、テゴちゃんからスタートさせて頂きます♪







手越祐也 あなた」

ピアノを弾きながら歌う。

私も習っていたのでそれが簡単ではないことがわかります。
本編Disc1では鍵盤ではなくファンの皆さんを見ようと意識していたように感じました。



Disc3はただただ美しい手越祐也でした。

伏し目がちで鍵盤に目を落とす姿。
白い衣装で素足のまま真っ白なピアノを弾く姿。
儚げな表情を更に儚く見せる髪型。

本当に美しい。


f:id:yuraa:20160425184826j:plain



f:id:yuraa:20160425184853j:plain



f:id:yuraa:20160425185608j:plain





そしてなにより歌声がピアノに綺麗に乗って美しい。


手越祐也の高音とビブラートを評価する人は多い。
もちろん私もそう思います。
ただ手越祐也はその2つだけではない。
それが良く分かる曲だった。


手越祐也には努力に裏付けされた自信がある。


そうでなければこれは歌えない。


カッコイイダンスもない。
キラキラした衣装もない。
ただ自分が弾くピアノと歌唱力で勝負する。



手越祐也は色々な表情を魅せる。



だから私は手越祐也から離れられない。










「増田貴久 Skye Beautiful」

本編Disc1でも『増田貴久の世界』を感じる事が出来ましたが、ハッキリ言ってDisc3の増田貴久はNo.1でした。


手越坦が何を言ってるんだと言われそうですが、このMCが一番好きです。


f:id:yuraa:20160425185042j:plain



f:id:yuraa:20160425185114j:plain



f:id:yuraa:20160425185641j:plain





偉そうですが書かせて下さい。

増田貴久という人はブレない。

自分が描いている世界観から絶対にブレない。
その映像で魅せ、包容感と陽だまりのような歌声で引き付ける。


増田貴久は魅力的でした。


何度も見ながら思いました。

次の『増田貴久の世界』を早く見せて欲しい。

どこまでもあたたかい歌声を届けて欲しい。