読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テゴマス10年を振り返って②

テゴマス 増田貴久 手越祐也

ブログ内の画像のお持ち帰りはご遠慮下さい。





『テゴマス10年を振り返って①』からお読み頂けたら嬉しいです。
yuraa.hatenablog.com




引き続き浮気することなく『テゴマスのまほう』ツアーまできた私。このツアーは横アリ2公演と名古屋へ。

f:id:yuraa:20170313081212j:plain


恒例?のライブレポを綴ったノート、『あい』に比べて少し成長してたw
横アリ、私が行ったときはシゲと中丸くんが来ていて、シゲがピングレポスターでしっかり宣伝していたことが残っていました。
まほうツアーではグッズが更に可愛くなってたね~。

f:id:yuraa:20170313075520j:plain

この気持ち悪い生き物w(←最上級に誉めてます。最高。)が愛しいタオルね。バッグも同様だけど、テゴちゃんが積極的にグッズに関わってくれて嬉しいw
チャリティバッジやペンライト、まほうびんとパーカーもあったね。

f:id:yuraa:20170313080018j:plain

チャリティバッジだけではなくこの被災地のお花もそうだけど、テゴマスの優しい気持ちに触れたツアーだった。

さて、そんな横アリ。中央円形ステージでスタート。
テゴちゃんのパーカーはフードに白いモコモコが付いていて可愛かったこと、三日月に乗るテゴマスが可愛かったことwテクマスがほうきに乗っていてそれに乗る2人が可愛かったこと、とにかくカワイイが盛りだくさんww

そして『さくらガール』私をしっかりNEWSへと向かわせてくれた大切は曲。まっすーの歌を泣きながら聞いたことが残っていました。2人がずっと向かい合い歌ったのは今も忘れません。
(この『さくらガール』、後にテゴちゃんが雑誌であの時さくらガールを歌ったことはオレたちの弱さだった、と語っています。)


オーラス名古屋。

f:id:yuraa:20170313081134j:plain

音取るまっすー、客席座らせる魔法、あの歌も健在。
私のノートにも衣装、MC等書いてあった。
横断幕を見てテゴマスは愛されてるなぁと感じたし、泣いてるテゴちゃんを優しく見つめるまっすーが素敵だったオーラス。
私のレポも綺麗に終わるかと思いきや…
サンタゆうこちゃんのおっぱいを星でつつく26才大人まっすー最高、お尻つかむまっすー最高って。……私、最低ww


まほうツアーの後はNEWSのツアーに行きテゴマスの手越祐也、増田貴久とは違う2人を見られたことが新鮮で楽しみが増えたなぁ~と思っていました。


f:id:yuraa:20170313083405j:plain

『テゴマスの青春』は横アリ2、3日目へ。メガネてごちゃんね♪
ここにきててごちゃん初ポーねwwこの時のまっすーの顔、今も忘れられないwwテレビなら確実にモザイクです。

テゴマスによる『夢であえたら』の即興も鳥肌だった。

なぜかこのツアー、ツアーT着ている人が少ないようで少しますおこでしたww




ツアー中心に10年を振り返りましたが、改めてテゴマスって素敵。唯一無二。

私はテゴマスオンリー担ではないのでここからは少しNEWSのことも交えて書きたいと思いますが、以前テゴちゃんが雑誌*1で「僕は昔から言ってるけど、NEWSとテゴマスは完全に別物と考えているので、NEWSのクオリティはテゴマスに負けたくない。逆も然りだけど。」と答えていました。それが一番分かりやすかったのが青春ツアーだったと思います。どちらが良かったとかではなく、はっきりテゴマスとNEWSを別けていると感じたからこそ、これからも両方のファンで居続けたいと思いました。

そんなテゴマスを今の小山さんとシゲはどう見ているのかずっと知りたかった。あれから変化はあったのか。テゴマスはNEWSの中で立ち位置みたいものがあるのかないのか。これもあるのが良くてないのがダメとかではなくてね。
その辺り、小山さんがNEWSの核は?というような質問にて答えていました。(*1同雑誌)「テゴマスがいるから歌への意識じゃないですか?この2人が相当な意識を持ってくれているからこそ、俺とシゲも引っ張られていて。いろんな番組でのパフォーマンスとか、1曲1曲のレコーディングとかが、たぶん普通のレベルじゃないというか。テゴマスが持っているパフォーマンスへの意識というのは、NEWSにとっての武器でもあるんじゃないですかね。」
NEWSの武器、嬉しいです。あの頑固な2人とやっていくことは本当に大変だと思うんですよw妥協がないから。
それはきっとテゴマスを成長させることでもあると思うからテゴマスを大切にしてくれるテゴマス本人はもちろん、小山さんとシゲにも感謝です。

小山さんの話が出たのでシゲのテゴマス話も1つ。(これは24時間テレビのプロデューサーさんとのお話として本に記載されています)
テゴマスの10周年コンサートの企画についてです。おそらく6月くらいの話だと思います。
「実はテゴマス10周年を祝う企画として、去年から『シャッフルライブ』のプランが持ち上がっていたのは事実のようです。テゴマス10周年記念コンサートの舞台で、各ペアがパフォーマンスを披露する。『それってカウントダウンコンサートの時みたいで楽しそうでしょ?』という理由で、加藤くんが企画提案したそうですよ。」
ただ、24時間テレビもあったからでしょうか。最終的には「時期的には無理だと思います、と悔しそうに語ってくれた」そうです。

(この2人の話は詳しくは『NEWS 絶対絶命STORY-本音と素顔』を読んでみて下さい)


テゴマスを考えていてくれている事、尊重してくれている事、嬉しいです。
テゴマスのツアーやアルバムを届けてくれる日を楽しみに待ち続けられるお話でした。




さて、最後に。
テゴマスの2人が向かい合って歌ってる姿を見るのが何よりも私は幸せです。
でもテゴマスはあくまでもNEWSから派生したユニット。だからツアーやアルバムを待ってはいるけど、どうか焦らず末長く活動してほしいです。
なかなか活動出来ない事で離れるファン、色々と要望を出し続けるファン、テゴマスを信じて静かに待つファン……さまざまだけど私はテゴマスファンになって今年で8年。とても幸せな8年間。これからもきっと幸せ。2人テゴマスを大切にしている気持ちは充分伝わってくるのでまだまだゆっくり待ちたいと思います。きっと届けてくれるでしょう。


「まっすーのパワースポットは俺だから。」ってまっすーの手を握るテゴちゃんと、テゴちゃんのことを「テゴマスの増田貴久を誰よりも理解している男」と言うまっすー。

いつまでもそんな2人でいて下さい。



手越祐也と増田貴久、テゴマスの10周年にお祝いと感謝の気持ちを込めて……



f:id:yuraa:20170320222010j:plain

f:id:yuraa:20170320221949j:plain

f:id:yuraa:20170320221812j:plain

f:id:yuraa:20170320221827j:plain

f:id:yuraa:20170320221845j:plain