NEVERLAND フラゲ ~ソロ曲感想~

ブログ内の画像のお持ち帰りはご遠慮下さい。




これから購入する方、写真等載せていますのでご注意下さい!










f:id:yuraa:20170321225247j:plain

f:id:yuraa:20170321225245j:plain


初回盤に入っていた『招待状』
気になるところで区切られていたりハートが入ったり…ん?と思ってたけどそっか~!

『い つ し よ に ネ ハート』

だね♪縦読みだよね。ちょっと気づくまで時間かかっちゃったよ!
だからNEWSの文字も縦書きだったのかな?ヒントだった?
NEWSからの招待状、しっかり受け取りました!!



さてアルバムNEVERLAND、ソロ曲から聴きました。

『I'm coming 手越祐也
本人も言ってた通りでございますww電車内で歌詞を読んでしまった自分を叱りつけたいw
これ、自分で作詞したわけじゃないんだよね?よく各方面のOK出たねww
I'm comingはもとよりエレクトだって相当だからね?ww
会場で隣が小学生くらいの子だったらどうしよう…とりあえず謝りたい!

そんな感じでおバカな事を思いながら聴いたらビックリ!直接的なエロい歌詞、がロック調で上手く緩和されてる!!いやいや本当にビックリした。
好きな曲調のもの=自分で歌える曲ではないこともあるけど、これは彼の努力なんだろなぁ~。高音をディストーションボイスで歌えてツアーまわれるなんて喉を壊さない練習の賜物だと思います。
あぁ、以前ラジオでまっすーが、XJAPANを原キーで歌える男友達は手越だけ、って言ってたのを思い出しました。
ちょっと逸れましたが、歌いたい歌(曲)があってそれを音楽として成立するように歌うのは当たり前のようで実は出来ていない人も多い。それを改めて思う歌でした。



『ニャン太 小山慶一郎
歌詞を見たときはバラード調なのかな?と勝手に思ってたんだけどヒロイズムさんらしい曲調でしたね。
これは単純に疑問ですが…ライブ見に来てる私達はどのように聞けばいいの?この曲の感じから行くときっと会場の照明落とす感じじゃないよね。だからってペンライトも歌詞が歌詞だけになんとなく振るのも…。困っちゃったな。
う~ん…う~ん……もういいや、批判覚悟で書きますがソロ曲なんでね、自分流でいいと思うんですよ。だけどこれソロコンじゃないんですよね。こういうテーマで歌うのにNEWSのコンサート、という場は相応しいのかな?このテーマでソロ曲をやりたいなら、ニャン太のことは触れずに作ればよかったのに。タイトルも変えてメン愛ではツアー後に実は…って書いたほうがよかったなぁ。私が手越担だからか、どうしてもwhiteの手越のさくらガールを比べてしまうのかな~。小山さんと小山担さんには申し訳ないです。
それにね、小山さんが担当するであろう全体の煽りがしにくくならないかな?コンサートではやらない、ただCD収録曲なら話は違うけどね。
これなら作曲も自分でやったほうが良かったかもね。
いちお、言っておきますがテゴちゃんが同じような状況で同じようにソロ曲を作っても私は批判覚悟で書きましたよ。



『あやめ 加藤シゲアキ
シゲらしい表現が多い歌詞ですね。

紙で切れた指先のように
伝わない痛みを忘れないように
青と藍と紫のボーダーライン
見極めるなんてできないんだ
いずれあやめかかきつばた
いずれもあやめず青空
ここは乾いた荒野
それでも前向いて歩こうや

ここの歌詞が好きです。
シゲ自身も書いていますが、愛とかみんな一緒つまり繋がり(でいいのかな?)を前回のツアーから感じたんでしょう。24時間テレビもそうでしょう。真面目なシゲらしい。今までの経験や体験をきちんと整理し改めて並べたとき、きっとシゲに見えたのは色々な愛だったのかもしれません。シゲが作った歌詞に私が色々書くの怖いw作家先生の考えは全て彼自身が歌詞にして説明もしてるから。
さて、少クラでも出たシゲの歌が成長している話ですが、私はソロ曲より他のアルバム収録曲で強く感じたのでまたそちらで。



『FOREVER MINE 増田貴久』
山下達郎さん歌詞作曲ですので私が何か述べるはおこがましいにも程がある、のでまっすーの歌、声のみにだけ絞って書きます。
まっすーの歌声は魅力に溢れてる。
以前鈴木おさむさんが某歌番組でまっすーがなかなか上手く歌えなくて手越くんにやらせてみたら1回で出来ちゃって、まっすーのこと泣かせちゃったんだけどちゃんと次にあったときは成長しててビックリしたってエピソードをラジオだったかな?話してたことをこの曲を聞いて思い出しました。
私は原曲を知らなかったのでまっすーが歌うって分かってから何度も聴いたけど、これ難しい。誤魔化しなんてもちろん一切通用しない。音程取りに必死になると聴いてる人には伝わらないし。いくら好きでよく聴いて歌ってるからって挑戦出来る曲じゃない。私はダンスミュージックよりこういう聴かせる曲を歌うまっすーが実は好きです。




アルバム収録については何曲かピックアップしてまた書きたいと思います。